COCORO

COCORO各園について

理念

一人ひとりの子どもと家族の思いを尊重し、あたたかいひだまりのように、安心できる保育環境を提供します

養護と教育が一体となった保育を通して、子どもたちの心身ともに健やかな成長を
家族・地域社会と連携をはかり支援していきます

方針

  • 1

    一人ひとりの子どもの個性と家族の思いを受け止め、丁寧にかかわります

  • 2

    あたたかな家庭的な雰囲気のなかで、子どもたちが、安心してのびのびと活動ができるように、発達に応じた環境を整えます

  • 3

    さまざまな人とのかかわりの中で信頼関係を築き、人を愛するこころ、信じるこころ、友だちを思いやるこころを育んでいきます

  • 4

    動植物・自然にふれあい、地域社会との連携のなかで、情緒の安定をはかり、自分も他者も大切にできるこころを育んでいきます

教育保育目標 『心も身体も、健やかな子』

目標とする子どもの姿

  • 自分の思いが話せて、人の話が聞ける子
  • 元気いっぱい笑顔であいさつできる子
  • いのちを大切にする子
  • おもいやりのある子

園名の由来

私たちが大切にしていくことは、子どもたち一人ひとりのこころです。

「COCORO」にはたくさんの意味が含まれています。

一人ひとりの個性と発達を見守り、発育の頃「CORO」をしっかり受け止めて、家族とともに、
ころころ「COROCORO」とした子どものかわいらしさを喜びあえる、そんな思いが、たくさん詰まった園名にしました。

クラス名の由来

  • ぽかぽかえがお (0歳児)

    生まれてきたばかりの赤ちゃんが、周りのみんなに愛されて、温かく見守られて育つ時期。

  • すくすくえがお (1歳児)

    みんなにたっぷりの愛情を注がれて、初めて大きな成長を見せる時期。

  • わくわくえがお (2歳児)

    好奇心が旺盛になり、世界が広がる時期。

  • のびのびえがお (3歳児)

    自分の力でしっかり立って、地に根を張り、空に向かって大きく伸びていく時期。

  • にこにこえがお (4歳児)

    友達と関わることの喜びを感じ、思いやりのこころが芽生える時期。

  • きらきらえがお (5歳児)

    夢と希望を持って未来に向かって輝いていって欲しい時期。

pagetop

Copyright © 2014 COCORO保育園 All Rights Reserved.