COCORO

施設ブログ 認定こども園 魚崎COCORO保育園のブログ

みんなが作ったお雛様

2019年03月04日

みんなが作ったお雛様

2月23日(土)幼児クラスの「ココデミーSHOW(生活発表会)」を大成功に終えることができました。

夏頃からみんなで練習を繰り返し、合奏・劇を見事に披露することができました!

保護者の皆様には、お子さまの成長を感じて頂けたのではないでしょうか。

 

さて、3月に入り、きらきらえがおぐみ(5歳児)は卒園式の練習や卒園までの製作のラストスパート中!!

きらきらさん、残り少ないCOCOROでの時間を元気に過ごしましょう。

 ◇◇◇◇◇ ◇◇◇◇◇ ◇◇◇◇◇ ◇◇◇◇◇ ◇◇◇◇◇

 

園内の至る所に園児たちが作った「お雛様」が飾ってあります。

各クラスの力作を少しづつですが、ご紹介いたします。

子どもたちの成長に合わせて、製作づくりを考えています。

●すくすくえがおぐみ(1歳児)

ローラーに絵の具をつけ、お雛様の着物に柄をつけました。

桃の花もたくさん咲かせてかわいく仕上がりました。

●わくわくえがおぐみ(2歳児)

コーヒーフィルターにマーカーで柄を描いてお雛様の着物を作りました。

自分たちで顔を描き入れ、表情豊かなお雛様ができましたね。

桃のスタンプをまわりに押して華やかになりました。

●のびのびえがおぐみ(3歳児)

お雛様の着物は、半分に折った紙の内側に絵の具つけ、紙を広げると左右対称の柄が出来上がりました。

紙を開いてみないとどんな柄に仕上がるかわからないワクワク感が楽しかったです。

桃の花は、自分たちではさみで切りました。

 ●にこにこえがおぐみ(4歳児)

ヤクルトの容器を使ってお雛様を作ってみました。

着物の柄は自分で選び、折り紙の色選びやハサミで切る・貼るを子どもたちがお手本を見ながら作っていきました。

顔も子どもたちが描き入れたので、個性豊かなお雛様ができ上りました。

●きらきらえがおぐみ(5歳児)

紙粘土をこねてお雛様の形を作っていきました。色紙粘土で着物や髪の毛を付け足していき、絵の具で目や着物の柄を入れました。

台座は、板に自分で選んだ柄の和紙を巻き付け仕上げました。

出来上がりのすばらしさは、さすがきらきらさん‼

いろんな表情を見せてくれるお雛様に観ている方も楽しくさせて頂きました!

<<戻る

Copyright © 2014 COCORO保育園 All Rights Reserved.